Training for X-Day

ブログの内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

ユーザビリティエンジニアリング原論

お盆休み中に最低5冊はUI/UXの本を読もうと考えて、その第三弾。 ユーザビリティエンジニアリング原論

ユーザビリティエンジニアリング原論―ユーザーのためのインタフェースデザイン (情報デザインシリーズ)

ユーザビリティエンジニアリング原論―ユーザーのためのインタフェースデザイン (情報デザインシリーズ)

面白かった。

本書で述べるユーザビリティのスローガンは以下のように要約される。

  • 最高の考えでは十分と言えない
  • ユーザはいつも正しい
  • ユーザはいつも正しいわけではない
  • ユーザはデザイナーではない
  • デザイナーはユーザではない
  • 副社長はユーザではない
  • 少ないほど良い
  • 詳細にこだわる
  • ヘルプにならない
  • ユーザビリティエンジニアリングはプロセスである

監訳の篠原さんは、ソシオメディアの代表取締役の方で、以前エンタープライズアジャイル勉強会でご一緒させていただいた記憶がある。 懇親会のときにもみなさんの座席を確認し、メモし名前を忘れないようにされていたのが印象に残っている。非常にお話しやすい方であった。

www.sociomedia.co.jp

ちなみにデザインの本読んでたら無性にiPad Proが欲しくなったので買ってしまった。 どういった理由かはわからない。衝動買い。