読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Training for D-Day

ブログの内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

製品の市場性評価 プロダクトマネージャー(プロダクトオーナー)への10の質問

引き続きInspiredから引用です。 この本は新たな気付きがたくさんあって非常に良いです。なぜKindleだけなんだろう。。物理本が欲しい。。

Inspired: 顧客の心を捉える製品の創り方

Inspired: 顧客の心を捉える製品の創り方

プロダクトマネージャー(プロダクトオーナー)への10の質問

製品の市場性評価のために、プロダクトマネージャー(プロダクトオーナー)へ以下の質問をします。

  1. 製品化によって、具体的にどんな問題を解決するのか?(バリュープロポジション)
  2. 誰のためにこの問題を解決しようとしているのか?(ターゲット市場)
  3. 市場の大きさは?(市場規模)
  4. 製品化の成功をどうやって評価するのか?(指標、収益戦略)
  5. 現在、他に競合する製品はあるか?(競合の見通し)
  6. なぜ当社がこの製品化をやるのに最適なプレーヤーと言えるのか?(差別化要因)
  7. なぜ今なのか?(市場投入の時期)
  8. どうやって製品を市場に出すのか?(市場投入戦略)
  9. 成功のために絶対に必要な要素は何か?(ソリューションの要件)
  10. これらを前提とした上で、最終的な提案は何か?(やるかやらないか)

これらに簡潔に答えられなければならないとのこと。
答えられないなら、製品の市場性評価ができていないことになります。
一番むずかしいのが1と3。