読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Training for D-Day

ブログの内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Nokia Test ノキア・テスト Scrumスクラムが健全に運営されているかのチェックリスト

2016/4/8  LeSSの翻訳会に参加させていただいて、色々勉強になりました。そのうちの一つに、Nokia Testがありました。
 
どれだけScrumが健全に運営されているかのチェックリストがあるとのことで、
Nokia Test。ノキアテスト。
 
訳が無いとのことで、訳してみました。
 
 
 
イテレーションが存在しない
0
イテレーションが6週間より長い
1
イテレーション毎に変わるが、6週間以内
2
3
4
4週間かそれ以下のイテレーション
5
 
Q2.スプリントの中のテスト
 
品質を意識していない
0
単体試験(自動UT)がされている
1
機能試験がされている
5
機能試験が完了するとすぐに実施されている
7
受入試験にソフトウェアがパスしている
8
ソフトウェアがデプロイされている
10
 
Q3.アジャイルな仕様
 
要求がない
0
大きい要求仕様書が存在する
1
貧弱なユーザストーリーが存在する
4
良い要求がある
5
良いユーザストーリーが存在する
7
必要十分な仕様がある
8
必要とされている仕様が束ねられた良いユーザストーリーが存在する
10
 
Q4.プロダクト・オーナー
 
プロダクト・オーナーがいない
0
スクラムを理解していないプロダクト・オーナーが存在する
1
チームを邪魔する(ディスる)プロダクト・オーナーが存在する
2
チームを伴わないプロダクト・オーナーが存在する
2
プロダクト・オーナー がスプリント・プランニングの前にチームによって見積もられた明確なプロダクトバックログとプロダクト・オーナーが存在する。
5
チームのベロシティを基準としたリリースロードマップとプロダクト・オーナーが存在する
8
チームを鼓舞するプロダクト・オーナーが存在する
10
 
 
Q5.プロダクト・バックログ
 
プロダクト・バックログがない
0
複数のプロダクト・バックログがある
1
一つのプロダクト・バックログがある
3
スプリント・プランニングの前にROIを基に優先順位付けされた明確なプロダクトバックログが存在する
5
プロダクト・オーナー がスプリント・プランニングの前にチームによって見積もられた明確なプロダクトバックログとプロダクト・オーナーが存在する。
5
ベロシティを基準としたリリース日とリリースバーンダウンを持ったプロダクト・オーナーが存在する
7
プロダクト・オーナーは現実の予算、ストーリー・ポイント毎のコスト、または他のメトリクスを測定可能である。
10
 
Q6.見積もり
 
見積もられていないプロダクトバックログが存在する
0
チームによって見積もりがされていない
1
プランニング・ポーカーによって見積もりがされていない
5
チームによるプランニング・ポーカーによる見積もりがされている
8
見積もりエラーが10%より小さい
10
 
Q7.スプリント・バーンダウン・チャート
 
バーンダウンチャートが存在しない
0
チームによって更新されていないバーンダウンチャートが存在する
1
仕掛中のタスクが考慮されていないバーンダウンチャートが存在する
2
Doneの場合のみがトラッキングできるバーンダウンチャートを利用している
4
ストーリーがDoneになった場合のみバーンがダウンする
5
チームがチーム自身のベロシティを知っている
+ 3
これまでにわかったベロシティを基にしたリリースプランをプロダクト・オーナーが考えている
+ 2
 
Q8.チームの混乱
 
マネージャーまたはプロジェクト・リーダーがチームを混乱させている
0
プロダクト・オーナーがチームを混乱させている
1
マネージャー、プロジェクト・リーダーまたはチーム・リーダーがチームに何をするか指示している
3
プロジェクト・リーダーとスクラムの役割が存在する。
つまり、スクラムをやっているのにかかわらず、PMが存在したりする。
5
スクラムにおける役割のみが存在する(スクラム・マスター/プロダクト・オーナー/チームのみ)
10
 
Q9.チーム
 
スプリントプランニングの間にタスクは個々にアサインされる
0
チームメンバーは彼らの専門領域以外をカバーしていない(クロス・ファンクショナルな意識がない)
0
リーダーシップが存在しない。1人以上のチームメンバーが指示されたことしかしない
1
チームが、スクラムチームに求められるコンピテンシーを保持していない
2
チームはスプリント・ゴールとバックログにチーム全員でコミットしている
7
チームメンバーはチーム全員でスクラムの阻害要因に対して健闘している
9
チームはすさまじい改善能力を持っている
10
 
形式的なノキアテストスコア
※訳注 下記リストはイマイチ意味がわからなかったため、直訳っぽくなっています。ご注意を。
 
・認定スクラムマスターであれば平均4.0ぐらいのスコアで運用する
・1ヶ月あれば、6.0ぐらいのスコアまで上げることが可能
・こうすれば控えめに言っても20%ぐらいはベロシティを上げることが可能。
・1チーム、1ヶ月に100000ユーロ。コスト削減は20%。
・初年度の最低の費用対効果は220000ユーロ。スクラムマスターを取得するには2000ユーロ。
・初年度のROIは11000%より大きい。