読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Training for D-Day

ブログの内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

いまだ人間を幸福にしない日本というシステム

いまだ人間を幸福にしない日本というシステム
を読んだ。




「人間を幸福にしない日本というシステム」
タイトルにインパクトがあります。でも私たちは心の底で実はそれを理解してもいる。何かが根本的にイケナイんだろう。
だから夢も希望もありゃしないのさ、無気力・無関心・無感動と、やや古いがそんな言葉が流行ったときもあった。

内容が難しいのと、速く核心を知りたいので、さっと流し読みしてしまいました。

結局何が原因かというと、「官僚」。
実際、私は官僚に知り合いがいないし、どういう仕事をしているかもほとんどイメージ出来ないから、全くもって腑に落ちないが、官僚がイケナイらしい。
官僚が日本を牛耳っているらしい。

ほとんどの政治家は、官僚に操られているにすぎないと。

ただ、日本を根本的に変えるには、官僚を変革する必要があるらしい。

官僚を変革するには、官僚内のボトムアップは無理で、やはり政治家の力が必要らしい。

小沢一郎はその力をもつ政治家であったが、結局干された(…のかよくわからないが、うまくいかなかった)

結論としては、官僚を変革するために、官僚に依存しない力のある政治家を国民が選ぶ必要がある、
そのために、もっと政治に関心を持とう、ということでした。


そうか、官僚か。そうなのかな。
確かに官僚には、選挙で選ばれなくてもなれる。有名大学を優秀な成績で卒業すれば、なれる確率が高い。
実務家じゃない人が多いのかな。
割りと淡々と仕事をするのかな。
確かに何をやっているのかはわからない。正確にいうと、わかろうともしていなかった自分。

www.asahi.com

とか読むと、やはり出る杭は打たれるような感じ。

ただ、多分個々人は一生懸命やってるんだと思う。
だから、おそらく、
「官僚」がイケナイんじゃなくて、「官僚というシステム」がイケナイんじゃないだろうか。
それをぶち壊せる政治家が必要なんじゃないだろうか。

…と悶々としています。