読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Training for D-Day

ブログの内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Oracle12c DataPump expdp(エクスポート)にて指定できるパラメータの一覧

Oracle12c DataPump expdpにて指定できるパラメータの一覧を作成しました。

expdpのバージョンは、12.1.0.2.0です。

Oracleのwebだと一覧になっていないので、俯瞰しづらいです。

Oracle Data Pumpの概要

ちなみに、12.1の新機能は以下に記載があります。

Oracle Databaseユーティリティの今回のリリースでの変更点

使用可能なキーワードとその説明は次のとおりです。デフォルト値は大カッコ内にリストされています。

expdpオプション 説明
ABORT_STEP ジョブが初期化された後か、または指定されたオブジェクトで、ジョブを停止します。有効な値は-1またはNです(Nはゼロ以上です)。Nは、マスター表のオブジェクトのプロセス・オーダー番号に対応します。
ACCESS_METHOD データをアンロードするための特定のメソッドを使用するには、エクスポートを指示します。有効なキーワード値: [AUTOMATIC]、DIRECT_PATHおよびEXTERNAL_TABLE。
ATTACH 既存のジョブに連結します。例: ATTACH=job_name。
CLUSTER クラスタ・リソースを使用し、ワーカーをOracle RAC全体に分散します[YES]。
COMPRESSION ダンプ・ファイルのサイズを小さくします。有効なキーワード値: ALL、DATA_ONLY、[METADATA_ONLY]およびNONE。
COMPRESSION_ALGORITHM 使用する圧縮アルゴリズムを指定してください。有効なキーワード値: [BASIC]、LOW、MEDIUMおよびHIGH。
CONTENT アンロードするデータを指定します。有効なキーワード値: [ALL]、DATA_ONLYおよびMETADATA_ONLY。
DATA_OPTIONS データ層オプション・フラグ。有効なキーワード値: XML_CLOBS。
DIRECTORY ダンプおよびログ・ファイルに使用するディレクトリ・オブジェクト。
DUMPFILE 宛先ダンプ・ファイル名[expdat.dmp]のリストを指定します。例: DUMPFILE=scott1.dmp、scott2.dmp、dmpdir:scott3.dmp。
ENCRYPTION ダンプ・ファイルの一部またはすべてを暗号化します。有効なキーワード値: ALL、DATA_ONLY、ENCRYPTED_COLUMNS_ONLY、METADATA_ONLYおよびNONE。
ENCRYPTION_ALGORITHM 暗号化の方法を指定します。有効なキーワード値: [AES128]、AES192およびAES256。
ENCRYPTION_MODE 暗号化鍵の生成方法。有効なキーワード値: DUAL、PASSWORDおよび[TRANSPARENT]。
ENCRYPTION_PASSWORD ダンプ・ファイル内に暗号化データを作成するためのパスワード・キー。
ENCRYPTION_PWD_PROMPT 暗号化パスワードを要求するかどうかを指定します[NO]。標準入力の読取り中はターミナル・エコーが抑制されます。
ESTIMATE ジョブ見積りを算出します。有効なキーワード値: [BLOCKS]およびSTATISTICS。
ESTIMATE_ONLY エクスポートを実行せずにジョブ見積りを計算します[NO]。
EXCLUDE 特定のオブジェクト型を除外します。例: EXCLUDE=SCHEMA:"='HR'""。"
FILESIZE 各ダンプ・ファイルのサイズをバイト単位で指定します。
FLASHBACK_SCN セッションのスナップショットをリセットするために使用するSCN。
FLASHBACK_TIME 対応する最も近いSCN値を見つけるために要した時間。
FULL データベース全体をエクスポートします[NO]。
HELP ヘルプ・メッセージを表示します[NO]。
INCLUDE 特定のオブジェクト型を含めます。例: INCLUDE=TABLE_DATA。
JOB_NAME 作成するエクスポート・ジョブの名前。
KEEP_MASTER 正常に完了したエクスポート・ジョブの後にマスター表を保持します[NO]。
LOGFILE ログ・ファイル名を指定します[export.log]。
LOGTIME エクスポート操作中に表示されるメッセージにタイムスタンプを設定するよう指定します。有効なキーワード値: ALL、[NONE]、LOGFILEおよびSTATUS。
METRICS エクスポート・ログ・ファイルに追加のジョブ情報をレポートします[NO]。
NETWORK_LINK ソース・システムにリンクするリモート・データベースの名前。
NOLOGFILE ログ・ファイルに書き込みません[NO]。
PARALLEL 現行のジョブのアクティブ・ワーカー数を変更します。
PARFILE パラメータ・ファイル名を指定します。
QUERY 表のサブセットのエクスポートに使用する述語句。例: QUERY=employees:"WHERE department_id > 10""。"
REMAP_DATA データ変換ファンクションを指定します。例: REMAP_DATA=EMP.EMPNO:REMAPPKG.EMPNO。
REUSE_DUMPFILES 存在する場合、宛先ダンプ・ファイルを上書きします[NO]。
SAMPLE エクスポートするデータの割合。
SCHEMAS エクスポートするスキーマのリスト[login schema]。
SERVICE_NAME アクティブなサービスの名前、およびOracle RACリソースを制約する関連付けられたリソース・グループ。
SOURCE_EDITION メタデータの抽出に使用されるエディション。
STATUS ジョブ・ステータスの監視頻度/秒デフォルト[0]の場合、使用可能になったときに新規ステータスが表示されます。
TABLES エクスポートする表のリストを識別します。例: TABLES=HR.EMPLOYEES、SH.SALES:SALES_1995。
TABLESPACES エクスポートする表領域のリストを識別します。
TRANSPORTABLE トランスポータブル・メソッドが使用可能かどうかを指定します。有効なキーワード値: ALWAYSおよび[NEVER]。
TRANSPORT_FULL_CHECK すべての表の記憶域セグメントを検証します[NO]。
TRANSPORT_TABLESPACES メタデータのアンロード元表領域のリスト。
VERSION エクスポートするオブジェクトのバージョン。有効なキーワード値: [COMPATIBLE]、LATESTまたは有効なデータベース・バージョン。
VIEWS_AS_TABLES 表としてエクスポートする1つ以上のビューを指定します。たとえば、VIEWS_AS_TABLES=HR.EMP_DETAILS_VIEWのようにします。
ADD_FILE ダンプ・ファイルをダンプ・ファイルのセットに追加します。(対話型モードの場合に有効です。)
CONTINUE_CLIENT ロギング・モードに戻ります。アイドル状態の場合、ジョブは再起動されます。(対話型モードの場合に有効です。)
EXIT_CLIENT ジョブの実行はそのままで、クライアント・セッションを終了します。(対話型モードの場合に有効です。)
FILESIZE 後続のADD_FILEコマンドのデフォルト・ファイル・サイズ(バイト数)。(対話型モードの場合に有効です。)
HELP 対話形式のコマンドを要約します。(対話型モードの場合に有効です。)
KILL_JOB ジョブを連結解除して削除します。(対話型モードの場合に有効です。)
PARALLEL 現行のジョブのアクティブ・ワーカー数を変更します。(対話型モードの場合に有効です。)
REUSE_DUMPFILES 存在する場合、宛先ダンプ・ファイルを上書きします[NO]。(対話型モードの場合に有効です。)
START_JOB 現行のジョブを起動または再開します。有効なキーワード値: SKIP_CURRENT。(対話型モードの場合に有効です。)
STATUS ジョブ・ステータスの監視頻度/秒(対話型モードの場合に有効です。)デフォルト[0]の場合、使用可能になったときに新規ステータスが表示されます。(対話型モードの場合に有効です。)
STOP_JOB ジョブの実行を順番に停止し、クライアントを終了します。有効なキーワード値: IMMEDIATE。(対話型モードの場合に有効です。)