Training for D-Day

ブログの内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

スクラムマスター

ティール組織におけるスクラムマスターに必要な資質

ティール組織におけるスクラムマスターに必要な資質は何か? ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現作者: フレデリック・ラルー,嘉村賢州,鈴木立哉出版社/メーカー: 英治出版発売日: 2018/01/24メディア: 単行本この商品を含むブログ (2…

禁酒

リーダーシップの本とか、スクラムマスターとか、アジャイルコーチとか読んでいると、 チームに自律して頂くには、自分自身も律する必要があるという想いに至りました。 「酒、タバコ、ギャンブル」いずれも自分を律する必要がある。 そこかよ と突っ込まれ…

The Road from Project Manager to Agile Coach プロジェクトマネージャーからアジャイルコーチへ

Lyssa AdkinsのCoaching Agile TeamsのWill I Be a Good Coach? から気になったところを抜粋。 Coaching Agile Teams: A Companion for ScrumMasters, Agile Coaches, and Project Managers in Transition (Addison-Wesley Signature Series (Cohn))作者: Ly…

Facilitate the Sprint Review by Scrum Master or Agile Coach スプリントレビューをファシリテートする

ScrumにおけるSprint Reviewは非常に効果的なセレモニーであるにもかかわらず単純な発表会で終わってしまう運用をしているチームも多い。 Sprint Reviewをうまく活用すると、ステークホルダーやエンドユーザとチームを密接に繋がらせることができる。ビジネ…

優れたプロジェクトマネージャーの7つの条件

最近は、製品価値、利益、商流など、プロダクトオーナーの学習を継続しています。 その中で、 Inspired:顧客の心を捉える製品の創り方 Inspired: 顧客の心を捉える製品の創り方作者: マーティケイガン出版社/メーカー: 株式会社 マーレアッズーロ発売日: 201…

デイリースクラム(朝会)の開催時間

デイリースクラムの開催時間 本当に朝会がいいの? 全て、チームと目的に依存します。 デイリースクラムの目的を考えてください。デイリースクラムの目的は、チーム全員に状況を共有することです。 「チーム全員」というところがポイントです。全員が適切に…

チーミング Teaming -学習する組織-

チーミング 要約 様々な要素が絡み合い、複雑化する社会。そして仕事。 解決のためのマニュアルは存在しない。スーパーマンもいない。 チームで解決しよう。 チームが学習する組織となり、絶え間なく出てくる課題を解決していくにはどうアプローチすれば良い…

スクラムでプロジェクトを始める前にするべきこと

スクラムはじめようって何からはじめればいいの? スクラムやりたい! いきなりスプリント開始~! なんてうまくいくはずがありません。 走りながらにも限界があると思いますし、途中で疲れちゃいます。 スクラムは、実は事前の準備が本当に大切です。スクラ…

スクラムにおけるリリース計画

スクラム現場ガイドの第11章は全てを引用して載せたいぐらい良いことが書かれています。 スクラム現場ガイド -スクラムを始めてみたけどうまくいかない時に読む本-作者: Mitch Lacey,安井力,近藤寛喜,原田騎郎出版社/メーカー: マイナビ出版発売日: 2016/02/…

スクラム スクラムガイドとスクラムの奴隷

スクラムは、理解は容易ですが、習得が困難です。 習得または実行と言い換えてもいいかも知れません。「きっちりした」スクラムを実行することはものすごいエネルギーが必要です。 スクラムガイドにも書いてあります。 「 スクラムの一部だけを導入すること…